東京音楽大学付属民族音楽研究所
03-3981-8783
13:00〜21:00 日曜・水曜・祝祭日 休館

2016年度公開講座 No.5

トランシルヴァニアの鼓動 Zoord初来日

講座チラシ
講座チラシ

講座詳細

開催日時 2016年11月21日(月)18:30開演(18:00開場)
場所 東京音楽大学A200教室
入場料 入場無料
申し込み 予約不要。当日先着順のご入場となります。
定員 200名
共催 日本口琴協会

内容

「Zoord(ゾールド)」は、ルーマニアのトランシルヴァニア地方に住むハンガリー系の少数民族の伝統音楽にルーツを持ち、本能的な現代風味を加えた、ハンガリーのトリオです。

口琴の名手シラーヂ アーロンSzilágyi Áronを中心に2014年結成、ハンガリー中南部の町、ケチケメート(作曲家コダーイ ゾルターンの生地として知られる)を本拠地として活動中。メンバーはオルマーシ クリスティアーン Almási Krisztián(太鼓、パーカッション)、ドラバント ベーラ Drabant Béla(ヴァイオリン、ツィテラ、歌)。2016年、初アルバム「ゾールドZoord」リリース。

ハンガリー随一の口琴製作者、尽きることのないアイディアを作品に注ぎ込む、口琴界の「マッド サイエンティスト」シラーヂ ゾルターンを父に持ち、同地の楽器博物館の館長も務めるアーロンは、2004年秋、日本口琴協会の招聘によるソロ来日以来12年ぶり、今回はバンドを引き連れての登場です。

アップビートでパワフル、変拍子を多用した複雑なリズム、扇情的なヴァイオリンと歌のメロディ、そして口琴の名人芸を、詳しく解説を加えつつ、演奏していきます。

東ヨーロッパ伝統音楽の「今」を知る、絶好の機会!

会場地図

Back to TOP