東京音楽大学付属民族音楽研究所
03-3981-8783
10:00〜18:00 日曜・月曜・祝祭日 休館

民族楽器入門講座Introductory course

二胡

初級 中級 名曲
開講日 11/5、11/12、11/19、11/26、12/3、12/10
時間 18:00~18:50(初級)
19:00~19:50(中級)
20:00~20:50(名曲)
曜日 月曜日
受講料 16,200円(税込)+楽譜代50円(名曲は200円)
定員 15名

講師挨拶・講座紹介

講座風景

講座内容初級

このコースは、全く初めての方と、二胡を基本からもう一度しっかり学びたい方を対象としています。

「送別(旅愁)」を使って、楽に美しく二胡をひく方法を学びます。

第1回 正しい二胡の持ち方(左手)・弓の持ち方(右手)
第2回 各個人に合った左手の持ち方及び音階の習得・右手の弓の持ち方及び弓の使い方の習得
第3回 左手と右手を合わせる正しい練習法・第1ポジション(ニ長調)の習得
第4回 各個人に合った正しい音階の練習法
第5回 「送別(旅愁)」を使って練習方法や技巧の習得
第6回 「送別(旅愁)」全曲をひく

講座内容中級

ポジションチェンジやビブラートに自信のない方だけでなく、どちらもできるけれどより二胡らしい表現を学びたい方を対象としています。

「送別(旅愁)」を使ってポジションチェンジとビブラートを基礎から学びます。

第1回 第2ポジションとポジションチェンジの基礎知識
第2回 メロディーの進行に合わせたビブラートの入れ方
第3回 メロディーの進行とともに正確にポジションチェンジとビブラートを交互に使うための演奏技巧1
第4回 メロディーの進行とともに正確にポジションチェンジとビブラートを交互に使うための演奏技巧2
第5回 メロディーの進行とともに正確にポジションチェンジとビブラートを交互に使うための演奏技巧3
第6回 各個人に合ったポジションチェンジとビブラートの方法・練習曲「送別(旅愁)」

講座内容名曲

近代名曲「三門峡暢想曲」その1

今回から劉文金作曲の「三門峡暢想曲」を取り上げます。2~3年以上の学習歴がある方が対象です。

第1回 作曲者が二胡曲を作曲する際の全体的構想の説明並びにこの曲で新たに作り出された現代二胡演奏技巧の模範演奏
第2回 この曲で使われる三種の旋法・調性転換の特徴の把握と運用の説明並びに模範演奏
第3回 快板(allegro)の演奏技巧の特徴ならびに、中板(moderato)、柔板(adagio)の技巧の説明と模範演奏
第4回 快板(allegro)の演奏技巧の特徴ならびに、中板(moderato)、柔板(adagio)の技巧の説明と模範演奏
第5回 快板(allegro)の演奏技巧の特徴ならびに、中板(moderato)、柔板(adagio)の技巧の説明と模範演奏
第6回 この曲の内容と情緒を表現するためのテクニックの説明

講師:劉 継紅(リュウ・ケイコウ)東京音楽大学大学院客員教授

国立中国音楽学院及び中央音楽学院卒業。中国音楽学院客席教授・首都師範大学客席教授・二胡検定公認審査員。2000年9月上海市人民政府より「栄誉証書」を受ける。中国電影楽団民族オーケストラのコンサートミストレス兼ソリストに就任。1987年に来日し東京芸術大学を経て東京音楽大学で作曲家伊福部昭氏に師事。

「少林寺」「西遊記」など100本以上の映画音楽の制作・演奏に参加。

CD:「水郷歓歌」(1978)、「中国の美音」(1993)、「宮沢賢治の世界」(2000)、教則ビデオ「劉継紅の二胡入門」(1996)、「劉継紅の二胡実技」(1998)など多数。

Back to TOP